洗濯物洗剤はこれに決まり!プロも扱う【ウルトラホワイト】

こんにちは。

群馬県を中心に整理収納アドバイザーとして活動しております、

ぐんま整理収納サポート「ここから」のみずきです。

毎日の家事のひとつである「洗濯」

stevepb / Pixabay


なかなか、

汚れが落ちなかったり、

黄ばんでしまったり、

嫌な臭いが残ってしまったり…。

 

苦労されてる方も多いかと思います。

本日は衣類の汚れについてと、オススメの洗濯物洗剤について、お話ししたいと思います!

 

そもそも衣類の汚れって?

Wokandapix / Pixabay


衣類の汚れは簡単に言うと2つ。

  • 人間からでる汚れ
  • 生活環境からの汚れ

です。

「人間からでる汚れ」は、汗や皮脂汚れ、アカなどがあげられます。

「生活環境からの汚れ」では、ホコリやチリをはじめ、化粧品の粉や食品汚れなどがあります。

冬になってきたから汗や皮脂汚れは少なくなるとお思いの方も多いかと思いますが、皮脂の分泌量は、個人差もありますが実は冬の方が多く、冬だから大丈夫というお考えはいけません。油断禁物です!

また、人間からでる皮脂にアカやホコリなどが付着して酸化することで、黄ばみなどといったなかなか落とすことができない頑固な汚れになってしまいます。

シャツの襟などがよく汚れるのがコレですね。

どの洗濯洗剤が一番いいの?

市販で売ってる洗濯用洗剤でも、実は表記を見ると様々な種類があります。

「この洗濯洗剤のCMが良かったから!」と、選ぶのではなく、用途にあったものを選ばないと汚れ落ちに影響します。

 

たとえば、

とにかく汚れをしっかり落としたいなら「弱アルカリ性洗剤」

 

デリケートな衣類用などには「中性洗剤」

 

他にもジェルボールや液体洗剤、粉末洗剤、漂白剤入り洗剤など、多くの商品もあり困惑してしまう人も多いかと思います。

 

洗剤によって、「汚れ落ちを重視するもの」「からだに優しいもの」「白くさせたいもの」と汚れを落とすためのポイントが異なります。

 

例:アリエールは弱アルカリ性洗剤。

基本的な考え方で覚えてほしいのが、「液性がアルカリになるほど洗浄力が高くなる!」ということ。

特に家庭で落としにくい汚れである、皮脂汚れを落とすなら弱アルカリ性洗剤がオススメ。

例:トップのナノックスは、中性洗剤。

弱アルカリ性洗剤よりも洗浄力は劣りますが、ダメージを気にしながらデリケートに洗うことができます。

その分、界面活性剤や酵素などを工夫して、汚れ落ちを高めているので、中性洗剤でも汚れは落ちるように工夫されています。

 

※あまりピンと来ない方へ。

中性洗剤といったら、「台所用洗剤」がありますね。台所用洗剤は手で使うものなので、あまり皮膚に負担がかからないよう中性で作られていることが多いです。それでもしっかり油汚れを落とすために「界面活性剤」が含まれています。

簡単にご紹介しましたが、

「どんな風に汚れを落としたいか?」のポイントに気を付けながら、

生活環境やその衣類に合った洗濯洗剤を選んでいくことが大切。

 

ワンポイントアドバイス

※洗剤を変えたり洗剤の量を増やすのではなく、自分自身の洗濯の仕方や洗剤の見直しをしましょう。逆に汚れが落ちにくくなってしまうことも。

※匂いでごまかすのではなく、元からのニオイをしっかり落とせる洗剤がオススメ。

 

色々ご紹介しましたが、

私がオススメしたい洗濯用洗剤

 

ご家庭で使える「プロ品質液体洗濯洗剤」 ウルトラホワイト!

 
実際にプロのクリーニング屋さんも愛用するこちらの洗剤。
 
大きさはコストコサイズ!
 
では、早速この洗剤の「なにがすごいのか?」を解説します!
 

普通の洗剤とはココが違う!

 

①「電解クリーニングテクノロジー」 

一般的な洗濯用洗剤は、界面活性剤やアルカリビルダー(洗剤能力をアップさせるための補助的な役割をするもの)で汚れを落としていました。

↓こちらにも記載がありますように、イオンの力で汚れを落とします。


イオンの力で汚れを落とすので、お子様からご高齢の方まで安心にお使いいただくことができます。

また、電解クリーニングテクノロジーの洗浄力は水温に左右されないので、水でも優れた洗浄効果を発揮します。 

②1本で1145回のお洗濯ができる!コストを安く抑えられる!

上の写真のように、大きな洗剤ボトルの隣にポンプ式の洗剤ボトルが付属でつきます。ポンプ式で、その裏に水量や洗濯用量で、どれくらいの洗剤が必要か記載がされています。

↓このように書かれてます。

2kgの洗濯物に使用するウルトラホワイトは、わずか3.3ミリリットル  「ウルトラホワイト」 =約1プッシュで良いのです!

1本 (3.78リットル)で、なんと1145回のお洗濯が可能になってきます。

はじめの洗剤購入金額はお高く感じるかもしれませんが、トータル的に考えるとコストパフォーマンスは高く、すぐに無くなる洗濯洗剤をスーパーやドラッグストアで買う手間が無くなります。

③洗浄スピード に優れている!

クリーニングのプロのお洗濯の現場では、短い時間でいかに洗濯物をいかにキレイに出来るかがポイント!

ウルトラホワイトのクリーニングテクノロジーは素早く繊維の間の汚れを落とすので、洗濯機の機能で洗浄時間を短くしても、優れた洗浄効果を発揮します!
 

④ニオイでごまかさない!見た目の白さでごまかさない!
 
まず、ニオイでごまかさない!
一般的な洗剤の消臭は除菌剤を配合し、菌数を減らして消臭される仕組みになってます。除菌剤が全ての菌に行き届かない場合、また菌が繁殖してニオイの原因となります。また、香料が含まれている洗剤の場合、その良い匂いで消臭を誤魔化してしまっていることがあります。
電解クリーンングテクノロジーはニオイの元となる、汚れや菌をきちんと落とします。 
 
次に、見た目でごまかさない!

こちらの洗剤では、「蛍光増白剤」を含みません。洗浄力に自信があるから、白く見せるための余分な成分が入っていないことが分かります。 

 

⑤色々な使い方ができます!

↓下の写真をご覧ください!

(曲がってしまってすみません。)


このように、この洗剤一本で色々な衣類の汚れを落とすことができます。

 

まとめ

実際にお客様に販売するにあたり、商品は自分自身で使って試して「すごい!」と思ったものを販売しています。

実際に使ってみると、「こんな少ない洗剤の量で大丈夫かな?」と心配になりましたが、

子供による衣類のしみや汚れをしっかり落としているのがよく分かります。

また、洗濯物を室内干しをすることが多いのですが「生乾き」のニオイが少なくなりました。

ぜひ、オススメなので使っていただきたい洗剤です^^

 

※購入については、ホームページ洗剤販売についてご覧ください。